トランプ氏のメキシコに対する発言について

2017-03-15

アメリカのトランプ次期大統領は、メキシコに対して強気の発言をしています。

メキシコに新資本をつくろうとしたトヨタに対して、ツイッターで批判したり、メキシコでつくられたBMWをアメリカで売る場合には35%の国境税を課するという発言をしたりなど、メキシコを怒らせるようなことを言っています。

確かに、アメリカにはメキシコからの不法移民がたくさん来ていることで怒ることも無理はないですが、さすがに海外の国のものに対して干渉するのはいかがなものかでしょうか。

トヨタはアメリカとの関係の悪化を避けたのか、政府に言われたのか知らないですが、メキシコではなくアメリカに新資本をつくることになったようですし、日本も日本でアメリカにすり寄っている感が否めないですね。もっとも、日米安全保障条約などの都合上、仕方ないことなのかもしれませんが。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。