ペットの名づけ方 もろもろの事情

2016-10-12

 獣医さんに連れていくと、ペットの名前に飼い主の名字を合わせて呼ばれます。「山田ラッキーさん」みたいな感じ。人間の子どもにつけたら「キラキラネーム」だと顰蹙を買いそうな名前でも、ペットの名前だと何も言われないのが面白いところです。以前近所の家でラブラドールレトリバーっていう大きい犬を飼っていたんですが、名前は「ちびこ」でした。

うんと小さい子犬の時につけたんでしょうね。ほかにもシベリアンハスキーというこれまた大型犬でしたが「ゴルビー」ちゃんという名前もありましたね。見た目はこわいけど人懐っこい女の子でした。某国の大統領と何のつながりがあったんでしょうかね。

 うちは猫が一匹いますが名前を「幸四郎」といいます。学生時分に愛読した本の中に「雄ネコはごひいきの役者の名前をもらって知恵蔵と名づけられた」という一節があって、これは、歌舞伎役者の名前に限るだろうと思ったわけです。だって我が家に来る前に育ててくれていた人のつけた仮名は「みるく」だったんですよ。とらじまの雄なのに。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。