新潟女児殺害事件について

2018-05-30

新潟のおぞましい事件についてです。

まずニュースで電車にひかれたという一報を聞いたとき、なんでそんな時間に二年生の女の子が出歩いていたのだろうと疑問に思いました。

私にも同じ小学二年生の娘がいます。二年生の生活時間が分かるので、とても奇妙な感じがしました。

少しずつ詳細が分かり始めて、自分の娘と重なり恐ろしくて数日暗い気持ちになりました。

ご家族の気持ちを思うと耐えられません。親として何を気を付ければ良いのか、どのような教育をしていけば良いのか考えさせられます。

どんな子供にもありえることで、新潟の少女が特別だったわけではありません。今回の事件をうけて、学校でも時間を設けて周知し教育されています。最近は下校時に学校へ迎えに行く親もいるようです。

我が家でも娘には、再度登下校での注意事項を確認し、口うるさく伝えています。でも、聞くだけでは恐ろしさや危機感がいまいち伝わっていない気がします。

捕まった犯人ですが、正直どこにでもいる特に人相が悪いわけではなく、普通の人でした。とても凶悪な犯罪を犯すようには見えません。正直子供からみると知らない人みんなが不審者です。

このような事件がなくなることが一番ですが、大事な子供達が事件に巻き込まれないように、学校や地域で守って行くことが大切です。病気や事故や事件など元気に成人させることが親の努めだと思い、向き合っていきたいです。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。