花粉の飛散って本当にすごい

2018-04-07

早い時には2月から花粉の飛散が始まります。

花粉症の人にとってはとても辛い時期になります。

病院に通院をして薬を処方してもらっているので、症状をかなり緩和させることはできますが、それでも気温の高い日など花粉の飛散量が多いと予想される時はかなり辛いです。

たまに遠くの景色がかすんで見えにくい時があります。

そのかすみを作っているのが花粉だと知って驚きました。

空気中に飛散をしているので当然かすんでしまうとは思います。

でも景色が見えにくくなってしまうくらい、というのは凄いことです。

花粉症は昔は患者数も少なかったそうです。

土の道が段々なくなり、アスファルトが多くなったことも花粉症患者が増える要因の1つなのだそうです。

土に落ちた花粉はそのまま吸着されてしまいます。

しかしアスファルトに落ちた花粉は吸着されることもなく、再び舞い上がってしまいます。

行き場を失ってしまうので、結局空気中の花粉の量が増えてしまうということになります。

それが景色をかすませてしまう要因になっているのだと思います。

それだけの量の花粉が舞っていて、アレルギーの原因になっているのかと思うと怖いですし、何とかならないものなのかなと考えてしまいます。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。